中性脂肪を減らすためのガイドライン

中性脂肪が増え過ぎると、血液中の中性脂肪値が上昇します。
基準値をオーバーしている状態を「脂質異常症」と言い、お医者様から生活習慣の改善などが指導されます。
食生活の見直しや適度な運動に加え、利用価値のあるサプリメントを取り入れていくと、中性脂肪を減らすことができます。
軽度の場合なら治療薬を使う前に、サプリメントで成果が出ることもあります。
このサイトでは、中性脂肪を減らしたいときに有効な成分を含むサプリメントを紹介しています。

 

 

 

 

 

 

中性脂肪を減らしたい人に一押しのサプリメントランキング

 

第1位 きなり
きなりは、中性脂肪やドロドロ血液が気になる人から選ばれているサプリメントです。
DHA・EPAサプリメントの中でも評判が高く、中性脂肪対策にオススメ。
青魚に多く含まれるDHA・EPAをたっぷり配合。そこに、クリルオイルも配合されているのでアスタキサンチンの働きで酸化を防ぐ効果もあります。
さらに、血栓を溶かす作用を持つナットウキナーゼまで配合されていて、血液サラサラ効果に期待大!
サプリメントのニオイにまでこだわっていて、飲みやさも追及しています。
初回は1,980円とお求め安く、定期コースは続けやすい価格設定になっています。

 

第2位 ライオンのラクトフェリン
日用品を販売する大手メーカーのライオンでは、ラクトフェリンサプリメントを開発・販売しています。ラクトフェリンは今話題の成分で、内臓脂肪を減らす効果があることが判明しています。
機能性食品として認められていて、効果は折り紙つき。
効果的なサプリメントとして口コミからも話題を呼び、高評価を得ています。
現在キャンペーン実施中で初回は通常価格の半額でお求めいただけます。

 

第3位 ナットウキナーゼ&DHA&EPA(小林製薬)
安心の製薬会社クオリティ。ナットウキナーゼ&DHA&EPAは小林製薬が販売しているサプリメントです。
着色料や保存料は一切使用していません。管理基準をクリアしたものを発送するこだわり。
納豆に含まれるナットウキナーゼと青魚に含まれるDHA&EPAをバランスよく摂れるサプリメントです。
品質は高く値段は安く、1日あたりに換算するとわずかに約52円程度で続けられます。

 

第4位 VCOサプリメント
話題沸騰中のヴァージンココナッツオイルのサプリメントが日本初上陸!
さくらの森が販売するVCOサプリメントは、高品質の中鎖脂肪酸が豊富なココナッツオイルを使用しています。
オイルと聞くと逆に身体に悪いイメージがありますが、中鎖脂肪酸に関しては中性脂肪を減らす効果に期待できます。
実際に飲んでいる方から大好評で、お客様満足度は94.2%となっています。
毎月お届けコースに申し込むと、初回は58%オフの1,980円です。また、初回は全額返金保証付きです。

 

第5位 DHA&EPA+セサミンE(サントリー)
サントリーのDHA&EPA+セサミンEは、話題の青魚のパワーをギュッと閉じ込めたサプリメントです。
ソフトカプセルの中に、豊富なDHA・EPAが詰まっていて、それらの酸化を防ぐビタミンEも配合しています。そして、ゴマに含まれる貴重な健康成分のセサミンもプラス。
普段、摂りにくい栄養素を簡単に摂れるサプリメントに仕上がっています。

 

 

 

 

 

中性脂肪を減らす成分

 

<DHA、EPAなどオメガ3脂肪酸>
DHAやEPAは中性脂肪を減らし、血液をサラサラにする代表的な成分です。不飽和脂肪酸でオメガ3系に分類されます。
これらは中性脂肪とともに悪玉コレステロールも減らしてくれます。同時に善玉コレステロールを増やすため、効果的に血液をサラサラにしていくことが可能です。
DHA・EPAを含む食べ物…青魚

 

<ビタミンE>
ビタミンEは脂質の酸化を防ぎ、生活習慣病対策に良いビタミンと言われています。
DHAなどと一緒に摂ると、DHA類の酸化防止の役割も果たします。
ビタミンEを含む食べ物…アーモンド、ひまわりの種、植物油

 

<アスタキサンチン>
アスタキサンチンは抗酸化作用に優れていて、その効果はビタミンE以上と言われています。
健康サポートとしてはもちろん、今女性たちの間で美容成分としても注目を集めています。
アスタキサンチンを含む食べ物…カニ、エビ、イクラ、鮭など

 

<クロム>
クロムはミネラルの一種で、脂質や糖質の代謝をサポートする働きを持っています。
クロムを含む食べ物…ビール酵母、ブロッコリーなど

 

<ヨウ素>
ヨウ素もミネラルの一種で、エネルギーの生成や、体温や呼吸の調整に関わる働きがあります。
ヨウ素を含む食べ物…エビ、牡蠣、ロブスター、牛乳など

 

<ギャバ>
ギャバはアミノ酸の一種で万能な働きが注目を集めています。
人の脳を活発にする働きがあり、内臓にも働きかけて消費エネルギーを増やすなどの作用を持っています。
ギャバを含む食べ物…発芽玄米、チョコレートなど

 

以上の成分が中性脂肪を減らす効果につながる作用を持っています。
中でも、DHA&EPAを含む青魚は積極的に取り入れたい食べ物です。

 

この他にも、「昆布、玉ねぎ、キノコ類、豆類、酢」などが身近な食品ではおすすめの食べ物です。
昆布はミネラルや食物繊維が豊富に含まれていて、とくにとろろ昆布は薄く削られているために吸収性がよく、酢の力もあって中性脂肪の減少に働きかけます。
玉ねぎは血液サラサラの代表的な食べ物で、血液の中に含まれる中性脂肪をケルセチンという成分が体外に排出してくれます。
キノコ類は不溶性食物繊維が豊富で糖質の吸収を妨げ、中性脂肪を防ぐことができます。しかも低カロリーなのでダイエット中にもオススメ。
お酢は種類がありまうが黒酢がダントツおすすめです。アミノ酸が豊富で、その他にもビタミンやミネラルが含まれているため、血液サラサラや健康に良いと言われています。

 

 

 

 

 

中性脂肪を改善するための治療薬

 

中性脂肪値が高くなると、お医者様から「脂質異常症」と診断されます。
軽い状態でしたら生活の改善とサプリメントで中性脂肪を改善できますが、場合によっては薬を服用し治療することもあります。
薬物療法では、3つの薬が主に使われます。

 

<フィブラート系>
肝臓での中性脂肪の生成を抑制し、同時に血液中の中性脂肪やコレステロールを下げるための薬。

 

<ニコチン系>
溜まった中性脂肪を分解する薬。

 

<EPA系>
中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしていく薬。

 

以上の薬を服用し、生活習慣を改善することにより、効果的に現状を改善していくことができます。

 

 

 

 

 

 

中性脂肪を減らす入浴方法

 

日々のお風呂の入り方を意識している人は少ないかと思いますが、入浴方法次第で中性脂肪を減らすことができると言います。生活の一環ですから、取り入れたい方法ですね。

 

お風呂に浸かること自体が、中性脂肪を減らすために良い効果が起こります。
まず、温かいお湯に入ることで全身の血行が良くなります。水圧や水温で血管が拡張と収縮を繰り返し、身体のめぐりがよくなって血液の流れがスムーズになります。
次に、水の力で身体が軽くなり筋肉が解れ、疲労回復になります。
そして、温熱効果で新陳代謝が活発になります。

 

これらの3つのポイントが、中性脂肪を減らすポイントになっています。

 

中性脂肪を減らしたいときのお風呂の入り方ですが、温度設定は37〜39度が適切な温度です。
ぬるめに感じる方も多いと思い案巣が、この温度は心臓に負担がかかりにくく、副交感新家が活発になります。
また、全身浴よりも半身浴の方が効果的です。

 

逆に熱めのお湯では中性脂肪が減る効果には期待できませんし、心臓や血圧への影響に注意があります。持病んある方は命に関わる発作を起こす恐れもあるため、ぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

 

時間がなくシャワーで済ませることも多いと思いますが、なるべく入浴するようにしましょう。
時間が限られているときには、足湯だけでも半身浴と同じように血行促進や疲労回復に効果が期待できます。

中性脂肪とは

中性脂肪とは、外見的にも分かりやすくつく余分な脂肪のことです。
肝臓内で中性脂肪が作られる仕組みになっていて、必要以上に溜まった場合には身体に大きな負担を与えてしまいます。
たとえば、動脈硬化系疾患を招きやすくなります。動脈硬化になると、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが増大し、場合によっては生命に関わる危険な病気の元が中性脂肪と言っても過言ではありません。

 

中性脂肪の割合は、簡易的な方法では血液検査で調べられます。中性脂肪値の値が基準値をオーバーしていると「脂質異常症」と診断されます。
会社員などで年に1度は健康診断を受けている方は中性脂肪値の変化も見つけやすく、同時に医師からもアドバイスしてもらえますが、健康診断を全く受けず放置していると、どんどん中性脂肪は増えてしまいます。

 

中性脂肪は食事から摂取する脂質を控えるだけで減るという単純なものではないため、定期的に健康診断を受けて現状を把握しておくことが大切です。

 

もしも中性脂肪が高めと結果で分かったときには、食生活の見直しや適度な運動、サプリメントを利用することで改善していくことができます。

 

ちなみに、中性脂肪は一概に「悪者」というわけではありません。最低限必要な脂肪です。
私たち人間はブドウ糖によってエネルギーを作りだし、体を動かしています。
エネルギーの元になるブドウ糖が足りなくなったとき、中性脂肪がブドウ糖に分解されてエネルギーとして使われる仕組みになっています。つまり、中性脂肪はエネルギーの貯蓄です。万一のためにもなくてはならない脂肪ですが、増え過ぎると健康の害になるので注意する必要があります。

 

中性脂肪が増えていくと、体調不良が続くなど何らかの症状があらわれることもあります。原因を追究するためにも定期検診を受けて、中性脂肪値は基準値を維持するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

中性脂肪が増える原因とは?

 

中性脂肪は「脂肪」ですが、必ずしも脂質の摂り過ぎが中性脂肪を増やす原因ではありません。
もちろん、動物性脂肪の肉などを食べ過ぎると脂肪は増えますが、糖質なども原因になります。

 

白米やパン、菓子パン、麺類などの炭水化物、清涼飲料水やジュース、お酒などの飲み過ぎも原因になります。
糖質を摂り過ぎると血糖値が上昇し、この生活が続くことですい臓に負担がかかります。すると、内臓機能が低下して不要な炭水化物が中性脂肪に変わってしまいます。
したがって、中性脂肪が増える原因は脂質に限らず、高カロリーなど食生活の乱れが影響します。

 

また、その他にも遺伝性要素もあります。