コレステロールとの違い

コレステロールとの違い

コレステロールとの違い

中性脂肪と混合されやすいコレステロールですが、具体的には違いがあります。
どちらも「脂肪」という共通点がありますが、それぞれ働きや役割が違います。

 

中性脂肪は万一のエネルギー不足をカバーするための脂肪です。
私たちはブドウ糖をエネルギー源に活動していますが、そのブドウ糖がなくなったときに中性脂肪がブドウ糖に分解されてエネルギーになる仕組みです。
一方のコレステロールは体内の脂肪膜やホルモンの原料になるエネルギーのことです。

 

要するに、中性脂肪は運動で消費されるエネルギーですが、コレステロールは運動で消費されるものではありません。このような違いがあることから、コレステロールを減らす方が比較的困難と言われています。
もちろん、コレステロールも防ぐ方法はあります。バランスのいい食生活に飲酒を控えたり、適度な運動はコレステロールの対策になります。
また、コレステロールが増えると中性脂肪も増えややすくなるという関係があります。

 

コレステロールの種類

 

ひと言でコレステロールと言っても種類があり、「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」に分けられます。

 

善玉コレステロール

別名『HDLコレステロール』と言います。
体内の不要なコレステロールを収集して肝臓に運搬したり、血管内壁のコレステロールを回収するなど動脈効果を防ぐ作用があります。

 

悪玉コレステロール

別名『LDLコレステロール』と言います。
リポタンパクによって血液に溶け込む性質がありますが、過剰摂取すると血中に蓄積し血管内壁に付着します。すると、動脈硬化や血管を細くするなどのダメージを与えてしまいます。

 

まとめると、善玉コレステロールが多い状態は身体によく、悪玉コレステロールが多いと身体にデメリットがあると言えます。
血液検査では、HDLコレステロールとLDLコレステロール、総コレステロールという指標があります。それぞれ基準値以内に留めるように維持しましょう。

 

基本的に多いコレステロールを減らしていく方法は中性脂肪を減らす方法と同じです。
まずは食事で食べ過ぎをやめて、よく噛んで腹八分目を意識して食事をとりましょう。また、コレステロールの多い卵黄やシシャモ、イカなどの食べ物を控えるなどの工夫も必要です。

中性脂肪を減らしたい人に一押しのサプリメントランキング